--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-12-16

忘れたい忘れてはいけない事柄

昨夜遣らせであっても面白い青春バラエティー番組{あいのり}を見ようとチャンネルをガチャガチャ(電子レンジのチンと同じでボタンになっても選局の変更の擬音はガチャガチャがあってる気がする更にチャンネルは本来無線通信やテレビジョンなどで伝送のための周波数帯のことだけど何故か回すってイメージが抜けない)

すると筑紫哲也と綾瀬はるかが画面に!
綾瀬はるかは可愛いなぁ~って思ってすぐに・・・ん?あれ?
筑紫哲也って亡くなったんじゃなかったんだ~
俺も歳だなぁ~勘違い勘違い
知り合いでもないけど著名な人が沢山亡くなるので訳が分からなくなるんだなぁ~って思ったら追悼再放送だった
やはり亡くなっていた
どちらにしてもやっぱ歳かも


{昭和史特別アンコール第2夜“ヒロシマ”…あの時原爆投下は止められた…いま、明らかになる悲劇の真実}

原爆だけじゃなく戦争はどれもいつも悲惨
原爆開発者で投下にも立ち会いキノコ雲の撮影をしたハロルド・アグニュー博士が出演していた
彼は被爆者と対談した時に謝罪を求められたが謝らないと言った
通常爆弾より原爆は簡単だと言い同じだと言う
そして人はいつか死ぬと言い被爆者に「貴方達は生きているのだから運が良い」と言い放った
当然被爆者は納得いかない
更に博士は真珠湾を忘れないと言う

真珠湾攻撃は事前に米政府は知っていたらしい
攻撃され被害に遭うことで戦争を肯定する為に黙認したと・・・ハワイの住民を見殺しにしたと・・・
そんな話も耳にするが枢軸国と連合国の見解は当然のように違う

原爆で一瞬にして沢山の人や物を消滅させても爆弾で一部を破壊しても放棄された地雷を踏んでしまっても不慮の事故で死んでしまっても亡くなった人にとっては何ら変わりないのは真理
子供を誘拐され殺害された親も犯人が大人だろうが子供だろうが知的障害があろうが関係ない
死は死なのだ

博士はズルをする国があるから兵器は無くならないと言った
大きな力を持つ兵器が戦争を抑圧するとも言っていた
なのに核爆保有国は8国
国連加盟国数192国(2006年7月現在by外務省)のうち8国って約4%

非核三原則の日本は表立って核を保有する事は当面無い
何処の国も使わないに越した事は無い
危惧されるのはズルをしそうな不安定国が日本のそばにあり
尚且つ日本と仲が思わしくないという事が不安である

最後に筑紫哲也が言った言葉が心に残った
諸説有るが枢軸国の死者は軍人800万人民間人400万人
連合国の死者は軍人1700万人民間人3300万人
数だけだと実感が湧きにくい桁違いなら尚更である
延べ6200万人には6200万の人生があったと思うと考え方も感じ方も違ってくる
だいたい日本人の1/2の数に匹敵する

民間人が被害に遭うと被害に遭った国は「罪の無い人を!」と言う
博士が言うには戦争で罪の無い人はいないと言う
戦争で戦ってる人の家族は民間人
戦ってる人を支えているのは家族や友達
その人達の幸せの為に戦っている
同罪らしい
真珠湾で亡くなった民間人も罪びとなら
博士や米にとって原爆は単なる目には目的な攻撃だったかもしれない

ある意味博士の言ってる事も理解できるが
ある意味博士の言ってる事は非難しなければならない危険は発想だと思う
しかし立場が違えば同じ物を見ていても考えは違う
欲望の先の利益の為の戦争も宗教や愛が戦争の引き金になった戦争も多々ある
戦争の無い時代を望む

望むが争いは生物が生きている間は無くならないと思う
ならばせめてグーパンチぐらい勝敗をつけてくれると良いと思う

世界では明らかな内戦や戦争が絶えない
しかし巧みに進行されてる破壊活動
途上国の作物を燃料の原料となるコーンに変えさせる行為も戦争と然程変わりないと思う

何をどうすれば良いか明確に方向性を打ち出せたら素敵だと思うが俺には名案は無い
漫画太郎と同じくらい名案が無い
俺は総理じゃないから然程問題にはならないが漫画太郎は・・・
いや日本の頂点辺りにいる裕福な代議士はとりあえず食うに困らないのだから給与や賞与から辞退した方が格好良い
景気不景気に関係ない富豪層もブランド品を買いあさるのではなく安全安価なエネルギー開発や子供達の育成に富を与えた方が格好良い・・・などと思う


俺だって俺だって!有り余っていたら・・・
冬でも入れる屋外温水プール付きの家買って・・・
プールに浮かべるアヒル浮き袋買って・・・
蟹と雲丹と帆立の漁業権買って・・・
牛と羊と豚を放牧して・・・
余ったら全部寄付します

あっ!年末ジャンボ買ってない・・・



スポンサーサイト

2008-12-03

数多の考えを問う

平成21年5月21日から裁判員制度が始まるが大丈夫なんだろうか?
はやくも知人(同年代)の父親に裁判員候補者名簿通知が来たという
裁判員はあるルールに則り与えられた情報で答えを導き出すが
問題は回答するのが1人ではないって事
6人の見知らぬ人が共同で答えるグループ発表会的システム
グループでひとつの答えを導く為に意見の違う人の言う事を聴き理解し自分の意見とどちらが正解かを出さないといけない
自分の意見を押し通しても押しつぶしてもいけない
納得して答えねば居ても居なくても同じになる
人の人生がかかっているので尚の事難しい

あっ!向うから勝手に送られてくる通知だけど面接らしきもので落とされる人もいるらしい
どんな基準で落とされるんだろ?


話は変わって先日ニュースになっていた高校の灰皿事件
不登校生徒などの受け皿的学校らしいが20歳をこえた生徒がいるのでとか・・・
何とも言い訳がしょぼい
世の中には様々な人がいる
人の数だけ人生があり個性があり環境がある
学校はその多くのリクエストに応えられるんだろうか?
そもそも応える必要があるんだろうか?
今回は警察も介入し学校が叩かれたようだけど灰皿を設置した事自体間違いだと思う
昔も今も未青年の飲酒や喫煙は後を絶たない
俺も人様の事をとやかく言えないが経験者だからこそ身に沁みることもある
学校はあくまでも校則にのっとり運営すべきで生徒はそれに順ずる
反する者は違反に対してのペナルティを受ける
それがルール
・ ・・ちなみに俺は見つかった事がなかったので無事卒業

民主主義日本は多数決採決の国
一般と呼ばれる大多数が正義で少数派が悪という図式で構成されている
全体に馴染まなかったり扱いにくいと不良とレッテルを貼られる
多勢に無勢だからそれはそれで仕方ない
他人がどう言おうと尖がりたい時は尖がる
それも理解できるので仕方ないと思う
しかし残念な事に少数派で最後まで突っ切って尖がれるものは稀である
長いものには巻かれる
何とも嫌な言葉だが大人の苦悩が見え隠れする
誰も好んで巻かれていないと思うからだ
巻かれるに至るには訳がある
それはたいてい生きるため
それを受け入れないという選択をすると歩む道は殆ど舗装されていなく道しるべもない険しい茨の道

どちらかを選ぶのは最終的に本人
今回の学校報道で学校が叩かれているが本当に叩かれなくてはいけないのは
受け皿的な学校を窮地に追い込んだ生徒であり
その家族と地域なのだと思う

硬い文章になったがマジで周囲に溶け込めない奴は無理に溶け込まず殻に入っていた方が幸せなんじゃないかと思う
どんな経緯で行き着いた学校にせよ最後の砦なら少しは考えなくっちゃ
そんなことすら考えられないなら集団には向いてないかも
それが悪いといってる訳じゃない
気の合う仲間を探し
その中で生活すれば良いと思う

受け皿がもっと必要だとか20歳過ぎてるなら喫煙もいいとか警察介入は駄目だと言ってる人もいたが
はたして本当にそう?マジで思ってる?
今回の違反は煙草が発端だったけど
それが傷害や窃盗だったら?
喫煙は大人になってからでも充分吸える(最近気付いた)ので学生は酒や煙草は禁止でいいと思う
大学生は特に自由過ぎなので禁止
警察介入は学校が譲歩しても対応しきれないから苦肉の策だったのかもしれない
あえて評判を落とす事は学校も望んでないと思う

尖がるには訳がある
ダークな色にも濃さがある
大人の曖昧な態度や根拠のない優しさが拍車をかけたりもする
最近温い事ばかり言う奴が増えているような気がしてならない

初めからきちんと愛して・認めて・叱っていればそうそう道を大きく踏み外す事はない
プロフィール

Katsuyuki  Terui

Author:Katsuyuki Terui
■職業 空間デザイナー

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。