--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-28

初体験

今日はいい勉強をさせてもらえた

六本木のとあるビルに招かれた
知り合いがアイドルデビューするという

確か歳は・・・
まぁ~マニアもいるんだろうとイベントにのこのこ行ってみた


ゆう子りん系不思議ちゃん大集合
客も一部を除いてアキバ系

オタ芸を間直で見た
・・・正直「死んでくれ!」と思った
普段からダークな俺だからそう思ったのではないと思う


DSC02979.jpg


オタ芸を間直で見せられれば彼らの親兄弟親族血縁関係者に到るまで俺と近いことを思うはず

DSC02994.jpg



何か見てはいけない物を見てしまった気になった

昨日は同じ六本木でシットリ良い感じのライヴを聴いたのに・・・
そのチョッと前には渋谷でパンツ丸出しなのにガンガンにロックしてるライヴを見たのに・・・

恐るべしオタク・・・である

DSC03003.jpg
スポンサーサイト

2008-01-18

恋しい

年が明け街もようやく活気を取り戻す今日この頃
正月ボケの後の連休後の浮かれ気分も抜けた今年最初の普通の金曜日

なんだけど・・・寒い
俺の田舎では零下33.3℃だったらしい

2ef7ee32.jpg


今の俺の格好と俺の体力では・・・凍死必至

どうせ寒いなら雪ぐらい降って欲しいと思う
しかし同時に根拠の無い自信に満ち溢れた雪道に不慣れなヘッポコドライバーは運転していただきたくない
雪よりあんたらの運転している車が陸橋の上からズルズルと意に反してバックで下ってくる光景の方が数千倍恐ろしい俺です


東京も稀だけど大雪が降ったりする
電車も遅れたり停まったりするので俺が社用車の三菱トッポで・・・それも使いすぎのスリックタイヤ状態で帰ろうとした雪の夜
それは前触れも無くやってきた

代官山~荻窪は日中1時間で深夜30分の距離
車体が軽いしタイヤはグリップ力ゼロに近い状態
急な坂道は無理なので旧山手から山手通りを通り裏道を抜けるルートを選択
しっかし動かない・・・何故動かない・・・前の車

俺のとは違いスタットレスはいてるくせに

しかたなく旧山手を諦め山手通りに出たが・・・同じ
焦っても仕方ない普段10分で進む距離を2時間・・・ガソリン大丈夫?

陸橋手前で側道に入る為車線変更
変更しようと進まない事に変わりない
ヒーターガンガンの車内
ギャーギャー五月蝿い車外?

五月蝿い方を見ると人が車を押してる・・・いや押されてる・・・いやいや流されている
右から左にではなく坂の上から下に
万有引力(universal gravitation) の法則は人の想い等関係なく作用し上から下へズリ落ち後ろの車に激突
よく見ると警官もいるが成す術無し

バックではないがずり落ちてきた車にぶつけられた場合違反はどうなるんだろう?
ぶつけられた車だってかろうじて坂の途中で踏ん張っていたのに衝撃でずり落ちる
何事も連鎖すると言う事が良く判る
うしろ玉突き・・・ぶつかる速度と音は小さい
大した事無いと思うが車を運搬及び移動の道具なのに何やかんや付加価値を付けたがる日本人
状況を把握してる為の諦めの溜息と持って行き所の無い怒りが交差していた
・・・・・・他人事なので笑えた

そもそも間違いは・・・自分で運転できると思ってしまった貴方の過信ですから~残念!

そんな無謀な輩のアホな運転の為5時間ぐらいかかったと思う
深夜だよ帰宅・・・
どんなにゆっくり進んでも2時間あれば着ける距離をね



それでも雪が見たい
結露した窓から微かに見える雪と氷柱
下半身は炬燵の中で卓上には蜜柑と御茶
目の前のTVから見知らぬコメディアンのくだらないコント
知らないうちに転寝・・・したい

本当は未だ気分はOFFなのだ
07021096B695X01.jpg

2008-01-15

八百万もを誰が数えた!端数は本当に無いのか?


最近寝つきが悪い
身体が全然疲れていなかったり立ち上がれないほど筋肉痛だったり
心が皺くちゃになったり・・・
兎に角!床についてから15分は寝れない






はやっ!って思った貴方
貴方の基準で物事は意外に計れない
通常1分と待たずに爆睡出来る俺でございます


そんな時に頼もしいアイテム
それはBOOKだ
凄いよね本
昔々は書き写していたのに印刷できるようになり同じ本を世界中で読めたりする
あっ!活版印刷を発明したのはグーテンベルグとされているが厳密には活版印刷を考案し左右二段四二行に組まれた四二行聖書と呼ばれる組版を創ったに過ぎない
それはそれで偉業だと思う

つい最近まで挿絵の無い本は例外なく読んだ先から眠たくなった俺
ん?星新一と嵐山光三郎は特例・・・例外ではなく特別扱いなのだ
そんな俺はここ数年うつ伏せになるとヨダレを垂らして寝るか本を読んでいる
最近は様々なジャンルの本を平行して数冊読んでいる
読めるが書けない漢字の大行進
日に日にアホになってることを自覚しつつもTVのクイズ番組での生きていくうえで何にも為にならない薀蓄はスラスラ答えられたりする

昨夜読んだ本のくだりと俺の脳がコラボしつつ夢うつつ状態で三島由紀夫の誕生日に考えた事

人の心の源流である原始アニミズムについてだ!
本来人間は自分・家族・血族・知人・同郷・国・地球・宇宙と範囲を広げるほど感心は薄れるものだ
総てが繋がっているのも確かだがそんな事普段あまり関係ない

人は自分ではどうにもならない事を不安に思い恐れる
そして自分なりの解釈の基で崇め祭る
そんな仕組みで信仰や宗教が生まる
そしてこれらは不安要素が多い時代にこそ大流行し安定した時代には軽く扱われる傾向がある

唯一絶対の神を崇める宗教が数多く有るが数千年もの間に統一できない神
甲乙付け難い同等の神であればその時点で唯一絶対は存在しないと言えなくも無い
多くの宗教の経典はその時代の特定の者達に有利な道徳的物語だと俺は確信している
この物語もどの国の法律もそうだがわざと判りにくく抽象的表現をしている
時の権力者が都合よく拡大解釈出来る様になっている
これらの道徳的物語を浸透させる事により同じ方向に効率よく皆を向けさせるTOOLに過ぎないのである

古代この国には八百万の神が存在すると考えられていた
これは移住してきた縄文人や弥生人だけではなくアイヌもそうだし海を渡ったところに定着したインディアンやアボリジニも基本はそうだ
太陽・星・雷・水・山・海・川といった意志が有るとはとうてい思いにくいものや
生まれは普通でも何か心に残る素敵なことをした人・途轍もなく強かった人々や
動物・鳥・虫等人より頭が良いとは思えないものが総てが神格化されている

合羽も傘もない昔突如大雨が降り周りが真っ暗になり雷が轟く・・・目の前で大木が裂けて燃える・・・怖い
今のように様々な事柄に合理性重視で意味づけしなかった昔
そりゃ~恐ろしかっただろう

しかし激しい天候の後にはお天道様が顔を出し沢山の水を含んだ大地から新しい命が芽吹き
それにより人は恩恵をうける

昭和の時代まで崇められていた頑固親父に雷は似てる
地震・雷・火事・親父・・・地震は単なる怒りで火事は不注意かも


そこでふと紅白に彗星の如く現れた{千の風になって}の歌詞を思い出した
原詩は2004年9月25日に98歳で逝去したアメリカ人女性メアリー・フライの作品であるというのが有力な説らしいがそれは問題ではない
誰かが言い始めて今もなお人達の胸を打ち続ける事自体が注目すべき点だ

歌詞は正常な判断が出来る時に判りきってる事と残された者の希望的願いが綴られている
昔から然程変わりの無い避けて通れない基本的感情だが様々なものに合理的解釈が付く現在でもそれについてはパンドラの箱なのか悲しみを抑えるすべは無く何処の宗教ですらそれに対しての即効性のある癒し方を説いてはいない
人は死んだ後も皆の心に残り皆を励ましたり苦しめたりする
時の流れで新たな刺激を多く受ける事により時が経った嬉しい事や悲しい事は記憶の奥へと追いやられる
それを手前に引っ張り出す手助けになるのがプレゼントや墓などの物質である
それ自体に然程価値は無い
時間を巻戻しその時の風景や感情や匂いを思い出す為のモノだのだと思う



歌詞に戻るが
まぁ~鳥には鳥の命があるから駄目だし星は・・・規模が大きすぎる
しかし・・・もし本当に風になれたなら
風や光や雪やなれたなら
それはそれで・・・どうなんだろう?



だがそれらの意識かエネルギーが意志の無いと思われている物質に何らかの作用するとしたら水の結晶が綺麗に作れたり作れ無かったりする原理に近づける

人の思いは容易に表現できるが表現できていない思いのほうが遥かに多い
皆似たり寄ったりだけどね



Whatever Will Be, Will Be

2008-01-10

九分九厘

昔々すんげ~昔
此処から超遠い処でゲームをすることになった

プレイヤーは対象物とコマを選び対象物がアイテムを総て得て無くなったらアガリ
アガル為に自分の番になったときに選んだコマを使いゲームを有利に進める

ゲーム盤に選ばれたものは
対象物の中の人から地球と呼ばれていた

ある者が対象物に人を選んだ
ある者は対象物にアンモナイトを選んだ
ある者はクマムシを選んだ
ある者はパンダを選んだ

この世の生命体の種類と同じだけのプレイヤーがいる

アンモナイトを選んだプレイヤーは途中失格となった
人生ゲームで言う貧乏農場行きに近く賞品無し
そんなプレイヤーが今までに沢山居た

クマムシは地上最強に仕上げた
高温に耐え低温にも耐え電子レンジの中でさえ死なず真空状態でも生きながらえるほどの能力を授けた
・ ・・が途中チョンボをしたらしく簡単に潰れてしまうことが最近判明
それから能力が有り過ぎる為寿命が極端に短くなってしまった
今のところクマムシを選んだプレイヤーの勝利の目は出てきていない

それぞれの対象物には+要因と-要因が予め常備されている
しかしながら要因の数はランダムだ
これがゲームを難解化し長丁場にしている大きな原因である

プレイヤーはそれでも参加する
其れは優勝者渡される賞品が魅力的なのだろう

人を対象物と選らんだプレイヤーにはニックネームがあった
それはそれは沢山あって相当な人気者なのだ
全部ひっくるめて多くの人は神と呼んでいた

ゲームに勝つ為には総てのアイテムが揃わなくてはいけない
対象物の数は永い時間の経過の中変動し続ける
他のプレイヤーの対象物に負けないように数を各々調整している

そのきっかけは各プレイヤーが選んだコマを使い行なう
ここでもう一つ大事なルール{コマを使う時はさりげなく!}
手法は様々で直接対象物に手を加えたりゲーム盤自体に変化を与える
しかしここのところズボラなプレイヤーの順番らしくおおっぴらに目撃される
それを我々はUFOと呼んでいる

今現在見た目は人を選んだプレイヤー神の有利に見えるが実際のところは苦戦している
対象物は実は最小限の数である事が必勝の秘訣だが66億もに分裂してしまって収拾がつかない現状
まぁ~もっと小さい対象物を選んでしまったプレイヤーは随分前に勝ちを諦めているはず

人を選んだプレイヤー神はまだ諦めていないのか諦めたのか?

神が勝利するには人が各々持ってる凸の要因を凹に与えなくてはいけない
凸には+要因もあれば-要因も有るので間違えてはいけない
凹にも同様な事がいえる

今の人は小さな穴が沢山開いた雲丹の様なもの
棘も穴も一定ではないが未だツルツルマンマルに成れた者は少ない
最近ツルツルマンマルになった対象物はマザーテレサとかガンジーとかという固有の名称があり
他の対象物に知れ渡りツルツルマンマルに成る方向性を示している反面
藻屑背負い(蟹)の如く欲に流され勝手にチョイスした-要因だけ身に付ける者が増えてきている
それは他のプレイヤーの横槍なのだろうが人は何故か神以外のプレイヤーを悪という総称で呼んでいる

人を対象物と選んだプレイヤーが与えた能力で間違ったものがあったのは明らか
分裂を促すセックス時の快楽
快楽が余計な欲を生み出しツルツルマルマルに成る事を遅らせている
もう一つは言葉である
足りない要因を効率よく得る為に意思の疎通が必要と考えたのだろうが人は勝手に解釈し其れを広げすぎた
最小限「ありがとう」「好き」「嫌い」この位で済んでしまう事が望ましい

平たく言えばこれは壮大な神経衰弱
総ての柄と数と模様と形等多岐に渡る条件が揃った時にアガリ

ツルツルマルマルに人が皆なったとき
得るのもは全く無く不平不満も無く穏やかな時がくる
その時はきっと合体ロボの如く一つになり新たなゲームが始まるだろう

あっ!プレイヤーは自分が勝つであろうきっかけは作ろうとするが所詮ゲーム
本気ではないし対象物のことを考えた行いではまったくない
しかしながら対象物は芽生えた愛や欲に翻弄され迷走を続け今日も前に足を運ぶ




そんな事を寝る前に考えたら今日は寝不足なのだ

2008-01-05

約束

昨年の暮れに飲み屋で口約束をした

約束を守れるなら

俺が出来るどんな努力も惜しまない

どうか守って欲しい

いや必ず守って欲しい


俺は相談をまずしない
仕事以外での相談が皆無
調整はするが最後は独断
結果的に問題があれば自分で解決するだけで周りを巻き込まないからだ
なので事後報告が多い

しかし時折・・・いやいや数年に1回有るか無いかの問題は自分の中に解決策も決定打もアイディアもない事がある
これには参る
何とかしたい気持ちと出来ない現実の狭間で胸が締め付けられる
特に胃壁に大打撃を与える
多分去年から持ち越しの穴が10個ぐらいはあるはず

こんな時に相談できるヤツが近くにいれば穴も8個で済んだはず

男は弱いところを見せちゃうと食われちゃうと今でも信じてるので迂闊に話せない
今度生まれ変わったらオッパイのやたらデカイ少し天然の可愛い娘になって何も考えずに一度一生を過ごしてみたい

がその場になったらまた男を選ぶだろう

2008-01-01

2008/01/01

新年の幕開けです

笑いが溢れ穏やかな年になることを願います

akachan.jpg
プロフィール

Katsuyuki  Terui

Author:Katsuyuki Terui
■職業 空間デザイナー

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。